籠池夫婦&立花孝志(『国策不捜査』ヒット中)

籠池泰典・詢子夫妻とぶっこわす!森友学園問題
スポンサーリンク

2020/2/18の立花孝志Youtube動画文字起こし

判決出る前の2/18の動画文字起こし。立花さんと籠池泰典・詢子夫妻の対談です。ちょっと短めですが「なぜ補助金詐取事件」で地検特捜部が動いたのか?なぜ籠池さんしか逮捕されなかったのか?「全員捕まえる」と堀木検事が言ったのはウソなのか?など。「国策不捜査」と合わせてどうぞ

スポンサーリンク

籠池泰典・詢子チャンネル毎日更新中!

立花孝志:はい。ってことで、令和2年の2月18日であります。いけますか。はい。参議院会館内で籠池泰典さんでいいですね。

籠池泰典:ええ。そうですね。

立花他足:と諄子さん(籠池詢子氏)にお越しいただいて、明日、刑事裁判の判決なんですけども、判決の予定ということで弁論の再開を申し込んでるというのあるんですけども、ちょっと時間があまりないので、2つ宣伝でぜひ籠池チャンネルで検索していただければ。

籠池泰典:籠池泰典・諄子。

立花:泰典・諄子チャンネルで出てきますけど、籠池チャンネルで検索で出てきましたので、YouTubeでぜひ。今4,010人の登録者数ということで非常に少ないので

籠池泰典諄子チャンネル
籠池夫婦公式チャンネル

籠池諄子:多いです。

立花孝志:いえ、世界的には全然少ないです。今お二人で面白おかしくライブをしてるようなのでぜひ。僕はもうこの森友事件多くの人に知ってほしいっていうのが一番なので。これ最近ですよね。昨日・おとといぐらいに発売された。

籠池泰典:13日ですかね。

『国策不捜査』もよく売れてるみたいですね!

国策不捜査。発売中です!
国策不捜査。発売中です!

立花孝志:国策不捜査ということで文芸春秋さんのほうから出てて、普通に書店では、平積みされてるぐらい。僕ちょっと品川で見たら、平積みされてたんで。僕もう、めったに本読まないんですけど。

籠池泰典:本を読まない。

立花孝志:僕、ほんと読まないんですよ。

籠池泰典:ああ、そうなの。

立花孝志:本読まないんですけど、非常に籠池さんが語ってる部分が細くて作者の、作者っていうか著書ですかね。

籠池泰典:分かりやすい。

立花孝志:赤澤さん(赤澤竜也氏)が客観的に事件の内容を説明してるところが非常に分かりやすい。時系列にまとめられていて分かりやすい。もう、これぜひとも主権者である国民の皆さんに読んでいただきたいなっていうか、ほんとに難しいじゃないですか、森友事件って

籠池泰典:これは非常に丁寧に分かりやすく書きましたんで。後のほうに年表が入ってるから、これは年表入れてるから、皆さん方があの頃どういうふうなことをやってきたのかという自分の歴史と一緒にこれを見ていただいて、あのときこんなんだったんだよなってって分かると思います。それが身近に分かってくるんで、あのときの安倍政権の状況はどうだったのかとか、手軽に身近に分かりますから、どうぞ読んでいただきたいと思いますね。

なぜ「補助金詐取」の捜査に地検特捜部が動いたのか?

立花孝志:今、ちょっと僕がこの会見、1時間落されてているわけ。時間作っていただいてるんですけど、ちょっと気になったのは、結局、地検特捜部、大阪地検特捜部という普通は検察がやるものじゃないですか。その詐欺っていうの。結果として詐欺の立件になってるんですけど、普通は地検特捜部が動けば政治家とか官僚とかが

籠池泰典:そう。特捜部が動けばね。

立花孝志:と思うんですけど、結果的になにか特捜部が動いて、あれから事件が起こって、ちょうど3年、特捜部が動いて2年半ぐらいですか。あれも結局、みんな不起訴になったんですよね

籠池諄子:そうです。

籠池泰典:そうですよ。そうです。官僚。

籠池諄子:48人

立花孝志:この全然森友学園の例の8億2,000万の値引の本体とは違う大阪府や大阪市に対する詐欺であるとか、サステナブルかな

籠池泰典:そうですよ。サステナブルの補助金ね。

立花孝志:まったく一般の警察がやるような事件だけが残った。

籠池泰典:そう。だからサステナブルの補助金は、国交省の補助金で和泉補佐官が作った補助金ではあるけれども、それを取っ掛かりにして、大阪府の経常費補助金までいったの。ということは、なんとか地検特捜部が所管できる事件にしたいということが全面に出てますよね。だから、そのことしたいがためにやっちゃったと。だから金額の大小の問題ではないというの堀木検事もいってるけども。だから金額の大小が問題でないんであれば、それこそ国策捜査だということになってくるわけですよ、実際ね。だから今回のことはもうまさに正鵠を射てるというかもうど真ん中に入ってくんのは、安倍内閣総理大臣・安倍昭恵夫人に関連する事件であって、そしてそこに国土交通省、国交省がまさにずぶとくとぐろのように巻いている事件であると。そして大阪の松井一郎知事も、おおこく小さなとぐろを巻いてるという。そして、もう1つはこれで重要なのは、私たちが立件されたあと、拘置所に入った途端、その前の大阪府のほうから安倍晋三記念小学院の取り下げをした段階からその言いくるめに乗ったであろうところの藤原工業とそしてキアラ設計とそして酒井康生弁護士がホローッと自分の懐を増やす方向に向いたということが非常に問題の芯をついてるんではないかなって思いますね

立花孝志:ぜひ、これを読んでいただければ、ある程度のことっていうか、だいたいのことはもう分かると思います。もう3年たってるので、この本はほぼ真実だと思います。もう当然、僕は全部の100%ちょっと、神様じゃないんで。

籠池泰典:ほぼじゃなくて、全部真実です。

立花孝志:ほぼ間違いないことだっていうかもう当時、いろいろとゴミがあったのかないのかからスタートしてよく分かる本だと思いますから、読んでいただいて、明日の判決、判決なれば、いかに懲役7年の求刑なんていうのは、いかにむちゃくちゃなのか

籠池泰典:はい。そうですね。

立花孝志:だって、補助金の詐欺でしょ。補助金適正化法ってやつ、MAX5年です。

籠池諄子:しかも、1億2,000万なんてうそですから、ほんとに。

籠池泰典:そう。

立花孝志:いかになんの。

「詐欺罪」にしないと拘置所に入れられない

籠池泰典:だから要は、一番初めの理由づけというのは、詐欺にしたい。詐欺罪としたかったのは拘置所に補助金適正化法だったら入れることはできないんですよ。詐欺罪にすると入れられる。ここが大きなポイント。だから詐欺罪にしたと。詐欺罪にして300日入れて、そして詐欺罪になんとかしないと、大阪地検特捜部の沽券に関わるか、らそれでトゥトゥトゥトゥトゥトゥっときたと。なんとかせなあかんと。

立花孝志:詐欺っていうのは、一般の人、騙すものであって、補助金詐欺っていうか、補助金の規制法違反っていうのは、もう大阪府とか大阪市とか国っていう、相手公務員なんですよ、これ。はっきりといいます。騙されるやつにも責任があるんですよ。大阪府や大阪市や国土交通省はなにを見てたんだっていうことですよ。だから騙される側にも落ち度があるから、最高刑が5年、一般の人は最高刑10年なんですよ。だから、まるで松井さん、大阪府知事、当時知事、大阪市長なんか自分が被害者のような顔してる。おまえたち、俺たちが大阪府民の税金を騙されておいて。

籠池泰典:もっと仕事せんかい。

立花孝志:そう。お恥ずかしい話。

籠池泰典:●●(00:06:50)

立花孝志:怒んなきゃいけない。ほんとは。そうですよ。騙されるほうも責任はある。だから5年と軽いのに10年のほうを。

籠池諄子:騙してない。

籠池泰典:そんなことしてしまうと、他にもわれわれの事件と同じようなことをした人が法人がたくさんいると。そういうこと見ていけば、どれだけの人が詐欺罪になるんだっていうことにもなるということなんですよ

立花孝志:そういうことなんです。

堀木検事「全員捕まえる」←誰も捕まえていないのでは?

籠池諄子:でも、堀木検事(堀木博司氏)全部逮捕するっていってました。取り調べのときに。

立花孝志:いうだけだしね。

籠池泰典:うん。

立花孝志:ということで、ちょっと時間がないんで。

籠池泰典:はい。じゃ、そういうことで。

立花孝志:籠池チャンネルぜひご覧いただいて、国民の民度を上げていただいて風化させないし、二人だけが絶対悪いわけではないことは間違いないので、私のほうも、できる限りのことやっていきますので。

籠池泰典:よろしくお願いします。

立花孝志:はい。ぜひ、皆さん注目していただければ。

籠池諄子:今からTBSに参ります。明日のニュース23に報道されるということなので、どうぞご覧ください。ありがとうございました。失礼いたします。

立花孝志:ありがとうございました。

籠池諄子:ありがとうございました。

上記はこの↓動画の内容を、立花孝志氏の許諾を得て文字起こし、掲載しています

籠池夫婦&立花孝志

コメント

タイトルとURLをコピーしました