NHK会長自宅にリア凸の意味について(委任状受取拒否がいかに横暴か)

NHK会長宅にリア突の理由NHKをぶっ壊す
スポンサーリンク

2020/03/04の立花孝志Youtube動画文字起こし

すでに立花さんは「もう会長宅にはいかない」と宣言されていますが、その宣言前の「リア突の理由」説明動画を文字起こししました。よく読んでみると、すごーく真っ当なことを言われているのが分かります。NHKの振る舞いがいかにズレてるか・・・

スポンサーリンク

NHKの放送センターに書類を持参したら、受け取りを拒否されました

はい、お疲れ様です。はい、政党代表ユーチューバーがNHKをぶっ壊す。

ということで令和2年の3月4日18時ジャストです。さあ今日も行きます。

NHKのですね、前田会長の自宅前に参ります。えー、どうしてこういうことになったのか、ということについてですね、ご説明をしていきたいと思てます。ちなみにですね、離党届というのがでてまして、えっとね、墨田区の神田すなお、これすなおと読むんですけども、神田すなおさんが一身上の都合により党を離党しますという事なので、まあ、離党は全然ウェルカムで、はけてくれればいいと思っているんですけども。まあ、党の総会の時にですねこのまま離党と届を受理するのか、除名にするかはご説明をですね、総会の時に決めいたいと思っています。

でですね、話を戻せば昨日ですね前田会長の自宅に行った経緯についてですね、時系列で説明させていただきます。まずNHKからですねこのように請求書が届いておられる方、届いてる方ですね。これ私の分ですけども。

NHKからの架空の請求書
NHKからの架空の請求書

これもまあね、架空の請求なんですけどね、こういう請求が送られた方に対して請求書と委任状と身分証明書をセットで送ってくださいという事で、NHKから国民を守る党の顧問司法書士であるあさなぎ法律事務所の加陽麻里布司法書士の方に委任状を送っていただきました。新たに委任したいというは説明欄から委任状の印刷画面などができますのでお願いいたします。

あさなぎ法律事務所への委任状はこちら

それをですね、委任状と時効の援用届、もちろん時効がない人は受任届というのをですね、2つの、1人2枚の紙をですね、昨日86名分ですね、持参をしました。これは私とかようまりの司法書士の二人でNHKのですね渋谷放送センター、つまりNHKの登記簿を見たらわかるんですが、東京都渋谷区神南2丁目2番1号、これが正式なNHKの事業所の場所という事になるんですね。ここに持参をするというのが正しい法律の手続きというか、書類の届け出になります。

あのNHKはよく営業センターとかあの放送局とか言いますけども、それは登記簿上は一切ありません。NHKの場合は支局とか営業センター登記しておりませんのでそこに持っていくことについては法律上の保護はされないという事ですね。裁判をするときもNHKは必ず渋谷区神南2-2-1、会長の前田晃伸さんの名前で裁判をしなきゃいけなくて、例えば大阪放送局長の名前で裁判をしたりすることはできません。代表権がないからです。つまり書類についても、ここにもっていかなければいけないんですね。

で、郵便で送るべきだという、郵便で送るっていう方法があるんですがこれは近代の方法です。法律というのは明治時代にヨーロッパからたぶん日本の法律のほとんどはフランスから来てると思いますが。要は明治時代には普通郵便なんてシステムはありません。つまり書類というのは作って届ける、相手が受け取る、そこに受領印を押すっていうのが正式な書類の受け渡しという事になります。

今さきほどですね私は東京地方裁判所に行ってきましたが、このようにですね地方裁判所に控訴状というのを出してきました。そうするとちゃんとこのように平成2年3月4日付で東京地方裁判所というこのように受付印という印鑑が押されてます。これね、どんなところでもそうでしょ。書類を受け取ったらお金を受け取ったら、お金を受け取ったら領収書、書類を受け取ったら受領書。これを出すのが本来の流れ。NHKはそれをしないんですけども、それをしないどころか受領書を出さないところか、なんとなんと受け取りを拒否しました。で、昨日私は動から静ということでNHKにお邪魔をさせていただきましたが、このような警察沙汰にするつもりは1ミリもありませんでした。

警備員が中身もチェックせずに追い返すという横暴

まさか司法書士と公党の政党の代表がきてですね門前払いをくらうということはまったく想定していませんでした。ええ。これはさすがに酷いと。というのは時効の援用届というのはちゃんと出さないとですね金額が下がらないわけだし、何よりもNHKが請求している金額が妥当かどうかを確認するという作業が必要になってくるわけですよね。そうなるとですよ、それを全く中身もチェックしないでただ帰ってください。しかもNHKの職員ではなくですねいわゆる警備員という人がですね帰ってくださいという事をインカムでこうやってですね、しかも警備員さん名前すら言わないというですね。

こんな状況でしたので、これはやはりちょっと警察の判断というか、ちょっと意見を聞きたいということで110番通報させていただいたと。で、警察の方としてはもちろん民事不介入なんですが、やはり何十万円という請求書をですねこのように大量に発送して司法書士の資格を持った人間や私元参議院議員で今政党の代表ですから、こういう人が来てるのに門前払いっていうのはおかしいということで、代々木警察署のあれたぶん署長さんなの副署長さんなのか、帽子の線が2本入っている人めっちゃ偉い人あれ。私服の刑事さんが6人お越しいただきました

結論としましては我々としては、我々というのは彼の周りの弁護士としては、司法書士としてはその60、86人分の委任契約書ですね、時効の援用届を、これを受けとって欲しいという事だけに集中してですね、お願いして警視庁の代々木警察署の関口刑事にお願いしました。刑事さんすみません、何とかこれちょっとNHKさん、これを受け取ってもらえるだけでいいんですと、それ以上何も望みません。これを持ち帰るとですね郵便で発送するというまた郵便代がかかります。場合によっちゃ日をまたいでしまうと日付を変更しなきゃいけないという作業が86人分発生すると。とにかくこれを受け取ってください。これだけですよ。

書類を受け取ってください、しかも代々木警察の刑事さんが仲介したにもかかわらず結論は変わらずお帰りくださいという事になったんですね。で、そうなるとこの登記簿上に乗っている東京都渋谷区神南2丁目2番1号というものは受け取らないという法人、適正なね本来受け取るべき書類を受け取らないという事になったのでその代表者ですね、これ役員に関する事項ということで会長となっていますがこの法人の代表者一名だけです。

この茂木勝人さんや上田良一さんはすでにアンダーラインが入っています。すでにこの方たちは退任されていて、今有効な方っていうのはこの前田晃伸さん千葉県船橋市丸山3丁目23番21号。この住所がこの日本放送協会、いわゆるNHKの郵便物を受け取る場所というところで正式に変更になったということになるんですよね。これは僕は後から調べて結果としてそうなりましたけど、たぶんそういうことになるんだろうということで受け取りを拒否されたっというところから前田会長の自宅に持参しようという事で警察官に最終的な確認、受け取るかどうかのファイナルアンサーをしてもらったと、こういう事です

会長宅リア突後にNHKから届いたメール全文

受け取りをするかどうかについてですね、昨日録画をしながら投函しましたからこれ証拠があるわけですね。86通分の投函、投函しましたね昨日撮影しながら。これをね受け取ってないとNHKは言えないと思いました。案の定メールが来ました。このようなメールです。

NHKからメール来ました
NHKからメール来ました

あさなぎ司法書士事務所

司法書士 加陽麻里布 様

 昨3月3日夜、当協会 前田会長の自宅の郵便受けに投函された「放送受信料のお支払いに関する担当窓口変更のお知らせ」86通を受領いたしました。内容を精査させていただきます。

 昨日もお伝えしたとおり、協会あてのご用件は郵便でお送りください

なお、受信契約者の代理人として放送センターにいらした場合はその旨お伝えください。撮影、録音なしであれば文書等をお預かりします。

前田会長の自宅への訪問はご遠慮いただきますようお願いします。

                       2020年3月4日  

                       日本放送協会

立花孝志様先ほどかようまりの様宛に下記のメールを送信いたしました。ご確認ください。日本放送協会。という事で、あさなぎ司法所事務所かようまりの様、さく、これもうちょっとタイプ上司がチェックしてないですよね、よっぽど慌ててるですね、さく3月3日夜、たぶん昨夜3月3日と書きたかったんでしょうけど、昨夜の後に3月3日ということ、こういうのもいかにNHKが焦ってるかの現れだと思いますが。

当協会前田会長の自宅の郵便受けに投函された放送受信料のお支払いに関する担当窓口変更のお知らせ86通を受領いたしました。内容を精査させていただきます。ここ凄く重要なんですね。我々が投函したのはおっしゃる通り86通ですね。NHKさん正解です。このようにNHKの会長のところにもっていけばメールが来ることが分かったんです。次ね、昨日もお伝えしました通り協会宛のご用件は郵送で、郵便でお送りください。金かかるんですよ郵便で送ると。持っていくとまとめてどんともって行けるんでこれ1日100通以上きてるんですよ、これからもまとめて持っていきますからね。なお、受信契約者の代理人として放送センターにいらした場合その旨お伝えください。伝えてますやん。最初からその旨伝えてる

営業ね、こういうのを持ってきました、営業部が担当になると思いますがと何度も伝えてるんです。それを無視したのが昨日の話なんですよ。で、撮影、録画無しであれば文章などをお預かりいたしますと。前田会長の自宅への訪問はご遠慮いただきますようお願いいたします。最後見てください。2020年3月4日日本放送局、担当者の名前も電話番号も部署も書いてません。つまり日本放送協会って書けばこれは会長が出したことになるんですよ。なのようにね。会長がこれを出してきたということですね。俺の家に来るな会社にもってこいということです法律上は。で、何よりも郵便でくれというのは2番目の方法なんですよ。

NHKは録画・録音ダメで、受領証も出さない。不安で送れない

1番目は直接もって行けとなっています。例えば選挙の立候補の届け出郵便できませんよ。裁判所の訴状の提出郵便OKですけども、裁判所に行かないと最終的に訴状の沈実にはなりません。先に郵便物を持っていくことは可能ですけども、裁判所に出頭しないと提出されたことにはならないんですよね。選挙の届け出を見たらわかる通り、ちゃんと法律で郵送はだめです、持参してくださいと書いてあります。それくらい書類というのの受け取り、この国の書類というもの、文化とか重きを置いているものについてはですね非常に重要なものなんですね。で、そんな中撮影を拒否してますからこれね、NHKに書類を持って行ったときに撮影が拒否されると彼らは受領印を押さないわけですから渡したかどうか凄く不安になるわけですよ。そうすると撮影できないなんていう条件はこちらは当然承諾できないわけですね。

NHKの方で受領書を発行しますので撮影をご遠慮くださいならわかりますが、撮影録音なしであれば文章などをお預かりしますというのはこれは無理ですよNHKさん。これうたって。こんなことに応じられません。そして最後、前田会長の自宅への訪問はご遠慮いただきますようお願いします。お願いなんです、要望ではなくて。命令でもなければこれは日ごろ皆さんNHKの集金人にもう来ないでください、もう二度と来るなと言っても来ますよね。あれと一緒のこと言ってるんですよNHK

これまさに自爆ってるっていうんですよ。あなたたちが日ごろやっていることがそのまま前田会長に帰ってくということですね。これ普通こういう事出せばね問い合わせの電話番号とか書くじゃないですか担当者の名前とか、もう全くないです。とにかくこれは逆に言えば前田会長の自宅にこれからも投函してくださいと読めるわけですよ。とういうのは投函したら翌日にメールで何通の、何通を受領しましたということが証拠としてきます。おそらくこれからも投函しないでくださいという事でメールが来るでしょう。でも投函の時に撮影ができるというメリットがあるわけですよ。何通これから投函しますっていって皆さんに公開することによってちゃんと立花や特に司法書士かのうまりのは仕事をしてるんだと、いう事が立証できるわけですね。

現にこれ昨日投函して86通受け取らなかったらどうしようという不安が凄くあったのであれから二人で相当調べましたが、むしろ正しかったんですNHKという会社にもっていっても受領書も発行しない録画もさせないであれば確実に外から見える撮影できる投函できるNHKの会長の場所。このように何度も言いますがNHKの登記簿です、コピーですけどももね。NHKの今有効な住所というのはこの二つだけなんです。

NHKの法的に有効な住所は渋谷放送センターと、船橋の会長自宅のみ

NHKの法律上有効な住所はこの2つだけ
NHKの法律上有効な住所はこの2つだけ

渋谷区神南2丁目2番1かもしくは船橋市丸山3丁目23番21この二つの場所以外にもっていったとしても法律上はそれは無効なんですよ、NHKが知らんと言われたら終わりなんです。営業センターとか放送局は登記してないですよこれは。これが法律というものです

だから我々はちゃんと法にのっとってやっているとという事がご理解いただけると思います。で、ちょっとこのボードを最後説明してですね今日も参ります。今日は9時には到着したいなと思っているんですが、夜の9時にピンポン鳴らしてですね9時には来るという事を既成事実として作ります。で、そのあとゴルフ場に練習に行きます。1時間ほどね打ちっぱなしに行きます。いわゆるNHKの人もこう言ってるわけです。彼らは訪問は深夜11時までやりますとこれ明確に言っています。NHKの訪問11時ってなんかでないかな、これ過去に発表してます。NHK訪問。23時とかなんか。これ23時まで訪問しますとNHKが自ら言っているんですよ、ある意味恐ろしい会社でしょ

 >>(後編)につづく

 上記はこの↓動画の内容を、立花孝志氏の許諾を得て文字起こし、掲載しています

NHK会長自宅にリア凸の意味について

コメント

タイトルとURLをコピーしました