【緊急記者会見】森友問題について(立花・上杉・籠池夫妻・赤木妻・青汁は風化させない)

森友学園事件を風化させない!森友学園問題
スポンサーリンク

2020/3/18の立花孝志Youtube動画文字起こし

立花孝志党首・上杉隆幹事長による緊急記者会見。文春の赤木さん遺書公表を受けてにわかに事態が進展。闇に葬り去りたかった安倍夫妻・官邸・財務省の思惑はどうなる?立花さん・赤木さん妻・籠池夫妻・上杉幹事長・青汁王子は森友事件を風化させない!

スポンサーリンク

赤木さんの奥さんから1ヶ月前「池田さんが自殺しそう」と連絡が

立花孝志:

時間もあまりないので、始めたいと思います。本当に緊急で集まっていただいてるっていうか、特段必要な無いかなって思ったんですが。森友学園問題は私自身が3年前の5月の段階で、籠池さんの長男の方(籠池佳茂氏)が私の家まで来て、造営会社の関連してる造営会社の方が死亡されてることについて話を聞きたいということで、籠池さんの方からコンタクトがあって、そこから籠池さん本人(籠池泰典氏)とは話をするようになった、というのが籠池さんとの出会い。

今日週刊文春に出た赤木さん(赤木俊夫氏)の自殺された後に、10日後くらいに昭恵夫人(安倍昭恵氏)から僕の方に話が聞きたいということで連絡がFacebookのmessengerできました。赤木さんの奥様からは昨年の10月1日にホリエモンのゴルフの帰りだったと覚えておりますが、連絡がこれも赤木さんの奥様の方から私に連絡がありました。長女の町浪さん(籠池町浪氏)は先月2月に直接お会いした。それまでは、直接な面識はありません。こんな感じで、特段僕の方から森友関連で何かコンタクトを積極的にとりに行ったということはないです。今日赤木さんの奥様が文春に記事を、僕相澤さん(相澤冬樹氏)とも連絡を取り合う仲なんですけれど、赤木さんの奥さんの件が今日は中心になると思いますので、そこをお話しさせてもらいます。

 おそらく1ヶ月程前だったと思います。最初に連絡があったのは昨年の10月1日だったんですけれど、「ちょっと考えが変わりました」と、10月1日にお電話いただいた時に内容は、「赤木、主人の上司の池田さん(池田靖氏)が自殺しそうです」というお電話でした。僕も初めてだったんで神戸の自宅の固定電話だったんですけど。「赤木の嫁です」というそんな内容だったと。とにかく、赤木さんの奥さんであると最初に認識した後に、「池田さんが自殺しそうだ。主人と同じ顔つきになってる」ということで。

青汁は近財OBと抗議活動
青汁は近財OBと抗議活動

その時に何が行われてたかというと、青汁王子と三崎優太君が近畿財務局のOBの方と一緒に、抗議活動をされてたようなんです。それでちょっと滅入って、池田さんが赤木さんの奥さんにちょっと愚痴をこぼすというか、相談をされてたようです。その件について、僕もどうしようもできないので、僕が青汁王子と仲が良い、連絡が取れると思ったんで、青汁君に言って止めないと場合によっては、2人目の犠牲者が出るかもしれないよっていう期待されての電話だったのかなっては思っています。その事を僕は昭恵夫人にも電話しましたけど、「何かできないんですかね」とは聞かれましたが、何もできないんでそのまま。むしろ10月の1日は選挙に出る為というか、10月10日にしてますんでその辺で辞めるんですっていうのは昭恵さんとやり取りしてたところで。

「立花さんのYoutube見て考えが変わりました。闘います」

その時の赤木さんの奥さんの印象はお人好しだなと、自分のご主人が殺されちゃってるのに、その原因の人が自殺しそうだっていうことを心配されてたんで。お人好しの方だなっていうことを思ったんです。1ヶ月程前にいただいた電話では、「考え方が変わりました」と「私は闘います」と「騙されてました。立花さんのYouTubeを見て、活動を見て、私も闘うことにしました」と。

「絶対に喋らないで」ということを言われてましたけれど、「全部佐川(佐川宣寿氏)が悪いんです、佐川を訴えます」ということを電話でおっしゃってたんで、「分かりました、その決意は凄いことだと思います。ただ、奥さんはなぜこれまで黙ってたんですか?っていうか。それについてはメディアの方は財務省からお金を貰ってるんじゃないかっていうことを私はそう聞いてます」と申し上げたんですが。

奥様は「とにかく怖いんです。あの組織が怖くて怖くて、ただ怖い。それだけでこれまで何も出来なかったけれども」僕が言うのもあれですけど「立花さんの行動を見て」プラス何らかの裏切り行為があったんでしょう。三回忌を前にパタリと同期の方とか池田さんとか来なくなったことをすごく、悲しがってたというか残念がってたので。どういう形で僕は文春に出るというのは僕は聞いてませんでしたけど、少なくとも、佐川元理財局長に対して裁判をするという話は聞いておりました。

 関連で言うと、こういった事を全部解明していかないといけないということで。今森友学園にいわゆる民事の再生計画が上がっていますけれど、このまま放置をすると森友学園が破綻してしまう。そうすると刑事事件の資料を返す場所が無くなってしまったちということになる。それはどうしても避けたい。何よりもそれよりも、それを狙ってる人が多分いるんでしょう。それを阻止する為に、森友学園の債務額8,400万円を2週間程前に私が籠池町浪さんの方に寄付をさせていただきました。個人から個人へと。ただし、森友学園の債務に充てるということで。

現在このお金は町浪さんの代理人である、大阪の板野さんという弁護士が預かってます。板野弁護士から管財人である疋田管財人(疋田淳氏)に対して8,400万円を払うようになるから、債権者である国・藤原工業・りそな銀行・大阪、この4つの債権者に弁済するように言ってるんですが、何故か藤原工業が債権計画を変更したいという、意味のわからない事を言い出しておりまして、そこに対して計画を承諾しているのは藤原工業が承諾しているわけですから、国は反対したんですけれども、藤原工業は承諾したわけですから、今更何言ってるのという感じで、今こちらの板野弁護士と私の知り合いの弁護士が疋田管財人に対して、そんな事ができると思ってるのかというような形でやり返してる。

キーマンは酒井康夫弁護士と、疋田淳管財人?

とにかく、なぜ管財人を外したいのかっていうのは、1番大きな理由は、この事件は真相解明するには森友学園の顧問弁護士であった、酒井康夫弁護士。事件の途中3月15日に突然辞めた方です。あーゆー時こそ依頼人を守らなきゃいけないのに、突然弁護士を辞める。これ一方的に辞めてます。本人はそれを否定していますが。

酒井康夫弁護士に対して森友学園が損害賠償を弁護士の倫理規定違反です。要は小学校の認可を取り下げるよう勧めたのは酒井康夫弁護士です。それを信用して籠池さんは理事長を辞め、認可の取下げをした。それによって多大なる被害を受けてるという事で、この酒井康夫弁護士を学園が原告として訴えないと、学校契約してたのはあくまでも学園です。その法人格の学園が訴えなきゃいけないんですが、管財人がなぜかこれを訴えたがらない。ということで、この疋田管財人に対して相当の圧力という言い方でいいのか分かりませんが、理由が分からないので、そこの所を追求してるという感じです。

時間も短いので、僕の方からはこんな感じで、もし記者の方から何かご質問があれば、なんなりと。

上杉幹事長:話が前後しますけれど、この会見が何社か今日問い合わせが週刊文春の記事に関連して、立花さんの方が詳しんじゃないかという問い合わせがあったんで、このような会見を開いている。ということでご付き添えさせていただきます。ということで、もし質問等ありましたら。

立花孝志:なんなりとどうぞ。時間まで、どうぞ遠慮なく、いいですよ。特になければあれですけど。

昭恵さんに対して提訴を、籠池さん自身は安倍総理昭恵さんに対して民事裁判をしたいということはおっしゃっていて、今それは時間的な問題もあって今ちょっと止めてる、という事を言ってるんです。おそらくこの後赤木さんの奥様ともお話しをさせていただいて、そちらの方に対しても何らかのアクションをするかもしれません。まだ、マスコミの方ご存知かもしれませんけど、赤木さん自体がマスコミの方への恐怖をおもちで、これまでオープンにしてこなかったと思います。皆さんの取材を拒否してたと思います。逆に言えば私も近寄らないというか、あまり本人の方から連絡がなければ僕の方から行ってなかったんで。

おそらく佐川さんだけではなく、やっぱり私も妻も関わっていないというか、関わっていれば総理大臣も政治家も辞めるとか、国会議員を辞めるとかおっしゃらないわけで、そういう発言があって、それで解散になったのは誰が見ても明らかなわけで。それに対して安倍総理自体が何の弁明も謝罪もされていないという認識を僕はしています

昭恵夫人の責任問題は必須。国会で説明すべき

そういうところからすれば、佐川さんを訴えたところで、佐川さん現職でもありませんし、なかなかこの後、原因追求・究明のところには届かないのかな。もうすでに財務省は新しい事実が出てきたわけではない、ということで調査しないという結論を出してるようです。野党4党が立ち上げた追求チームに僕も表向きに積極的に公に入れるかどうか分からないですけれども、少なくともそことは協力をしながら。

最終的には安倍夫妻の責任問題っていうのは、僕は奥様とは直接連絡を取ってる関係で、奥様がこの事件について知ってたのかというと、ほとんど正直ご存知ないんです。逆に私も知りたいっていう連絡が来たんで。一方で、昭恵さんが何も発しないことによって、色んな人が迷惑を受けてる。例えば、100万円の授受にしたって受け取ったのか、受け取っていないのかについても、本人明らかにされてないです。ただ、本人は記憶にないとおっしゃてるんです。逆に言えば記憶にないということは、100万円くらいは、あちこちで配ってるっていうことも言えるわけです。少なくとも渡してないと昭恵さんはおっしゃてませんので。

ここまで籠池さんが追い込まれてそんな中で、僕は嘘でもいいから100万円渡したと言うべきだと思います、嘘でもいいから。それくらい籠池さんの家庭グチャグチャになってるわけです。一緒に小学校作ろうってなって名誉校長にまで名前を載せて、本人の許諾もなく名誉校長を途中で辞めるっていう多大な迷惑をかけてるっていうのは、やっぱり昭恵夫人の方であって。流石にこの件においては、100万円払ってないのに言えっていうのはおかしな話かもしれませんが、少なくとも昭恵夫人が自分の言葉で何らかの発信をされるべきだと思いますし、その為には裁判っていう形を使って、昭恵さんの想いみたいのを出すのも必要な事ではないかなと思います。今籠池さんの方から安倍夫妻を訴える弁護士を紹介してくれないかと言われてるんですけれども。であれば一緒に赤木さんの方もそっちの方を訴えるということも視野に入れていくべきかなと思っています

立花「赤木さんの気持ち分かる。NHKで不正伝票作らされてたから」

いずれにしても、最後は行政のトップはいっても総理で、財務大臣は麻生さんですし。麻生さんのお見舞いについて、赤木さんが拒否してたなんていうのが、平気で出てきてるわけでしょ、国会答弁で。麻生さんが行くって言って、赤木さんの奥さんは来てくださいって言ってるのに、財務省はそれすらも嘘つくわけです。奥さんは来て欲しくない。財務省どんだけ嘘つくのっていうレベルなわけで。このまま財務省を守り続けるっていうことであれば、流石に、安倍政権に対しても、相当のプレッシャーというか。逆に言うとこの会見で僕は昭恵さんを責めてるって言う事を、昭恵さんも相当怖いと思うでしょうし。

少なくとも僕なんて特異な人間だと思います、この事件において。籠池さんに会った、赤木さんに会った、昭恵夫人にあり、町浪さんもそうですし、ほぼこの事件の重要な人物とは連絡が取り合えるっていうちょっと特異なところにいる人間ではありますし。なぜこんなことしてるかって言うと、1番はやっぱり赤木さんご自身の立場。僕はNHK時代に近い経験をしているので、不正な伝票を作れっていう。経理マンとして間違った伝票を悪の犯罪の為に作るっていう、僕はNHKの職員として視聴者のために仕事をしてきた。

同じように、赤木さんも契約者は国民である。上司に仕えるのか、視聴者・国民の為に仕事をするのかっていう考え方で違ってきて、赤木さんのような本来公僕と呼ばれるような人は国民の為に仕事をしなきゃいけない。だから犯罪になるような文書の改ざんをしたくない。といった方が命を落とされたことについては、本当に自分の事の様で、それでここまでNHKとは全く関係ないんですけれども、8,400万というのは僕にとってはそれなりの額を投入して、解明に乗り出しております。なんなりとご質問があれば今日以降でも、おっしゃっていただければ協力はしたいと思っております。

マスク必携の上杉幹事長
マスク必携の上杉幹事長

上杉幹事長:1点だけ補足しますと、野党4党の検証チームに関しての補足です。今党首が言ったように、今日先ほど5時くらいに正式に検証チームの方の座長を含めた、川内博史座長に協力の申し込み依頼をしました。明日の朝に一応4党の方で話して、明日の朝くらいまでにこのN国党としての協力について返事をする。ということで、感触としては、非常にこの問題をずっと長く追ってきた立花孝志党首が、党首という立場の立花孝志さんという言い方をしたのですが、座長の個人的には非常に有難い。ただ国会の中身の話なので、話し合いをさせてくれということで、返事をいただいております。以上です。

 上記はこの↓動画の内容を、立花孝志氏の許諾を得て文字起こし、掲載しています

【緊急記者会見】森友問題について

コメント

タイトルとURLをコピーしました