同姓同名【小池ゆりこ】さんを探しています。日本をコロナから救う(都知事選を撹乱せよ!)

小池ゆりこが日本を変える!2020東京都理事選
スポンサーリンク

2020/04/10の立花孝志Youtube動画文字起こし

 <<同姓同名【小池ゆりこ】さんを探しています。日本をコロナから救う(前編 また政見放送が見れる? )から読む

Wたかし動画の続き。ホリエモンを都知事選に引っ張りだせれば現職小池百合子さんが焦る→山本太郎さんがチャンス!と思って出る→立花さんもTVでしゃべる機会をもらえる、という作戦です。何もしなくて良いので、全国のこいけゆりこさん連絡お待ちしてます(^^)

スポンサーリンク

堀江さんが都知事選に出れば独自の経済対策を出してくれる

立花孝志:こういうところで、常識外のね…。

堀江さん(堀江貴文)は通常の政治だと多分出てこないと思うんですけど、今のこの緊急事態においては、堀江さんは都知事選に出て、堀江さん独自の経済政策というかコロナ対策ですよね、という事は、僕は、彼はできる人だと思うので、そういう意味では、堀江さんが出れば彼の能力等いのかな、政策と能力と考えた時に、堀江さんが当選できるんじゃないのかなっていう風には思っています。ちなみにね。

上杉:これ良いな、まずビックネームだし、しかも、政策論争できるじゃないですか、本当の意味でのコロナについても

立花:そうそう、それ大事です。政策論争そういうの大事です。

上杉:例えば堀江さんだって柔軟だから最初はね、そんなの放っとけばいいと言ったけど、先週も検査したんですよ、抗体検査。

立花:そうですね。

上杉:それで、私が行くと彼と二人でいったんだけど、その後にテストというのは、抗体検査はした方がいいというかたちに変わってますから、非常柔軟でしょ?どんどんやっちゃえばいいんだよ、と、特にそういう風に柔軟な政策の変更ができるような、新しい政治家がどんどん出てね、政策論争したらおもしろですよね。

立花:そうだね、だからこれもちろん、選挙はインターネットになると思います

ネットを使った選挙、ネットだけじゃなくて、都知事はやっぱほぼテレビになるですよね。だから、テレビに出演するというのは、前回、僕、裁判しました。前回は小池百合子さんと自民党の推薦した増田さん(増田寛也氏)と、野党が応援した鳥越俊太郎さんか、この3人がテレビに出まくった訳ですよ、選挙中も出まくってますからね。

「こいけゆりこ」さんを出すことによって山本太郎を引っ張り出す!

そうすると小池百合子さん、もちろん出ますよね、そうすると自民党と公明党はどうも小池百合子さんを押すようなんですよ。東京都連も諦めているんですよ、小池百合子さんしか出ないんですよ。そうすると、彼女に対する対抗馬って、もう山本太郎さんくらいしか思いつかないんですよね、少なくとも戦えるとしたら。

でも、1対1で戦うと、組織上こっちめちゃくちゃ持っているから、強いんですよね。ここに多分、小泉純一郎さんなんかも入って来るんじゃないかなと、思いますけどね。応援に、原発ゼロを言っているから。

どっちにしても、この1対1の戦いだと厳しいから、ひょっとしたら山本太郎さん自体が今の状態だったらまだ出るとも出ないとも言っていないんですけど、とにかく同姓同名の小池百合子さんが出る事によって、小池さんの票を、基礎票が減れば山本太郎さんも出て来てくれるんじゃないかと、そうするとこの二人の所に太郎さんと同じ立場の立花もしゃべれるようになるんじゃないかと、

上杉:これ党首、公党の党首、9党のうちの2つですもんね。党首、公党の党首で、その内の2人で、立場一緒で元参議院議員で。

立花:というところで、後は堀江さんが、小池百合子さんと違って。保守、今だから、東京都の経営者の人達って、安倍さんを切り捨てに行こうとしている、こういうことしていないから。

上杉:本当にひどいと思います。みんなね、最初、嘆いていて怒っていたんだけど、今は諦めて国自体の、そこが抜けたみたいな感じになっています。今の政府への信頼が。ちょっと名前言えないですけど、安倍総理の、滅茶苦茶ど真ん中の、講演会のグループがあったんですよ、それがこの前会っても、とてもじゃないけどこんなの支えられないと、要するに会社潰れちゃうでしょ皆

立花:そういう意味では、東京はやっぱり経営者多いから保守の方も強いと思っているので、小池さんにこういう事は出来ないとなれば…。うちも小池さんがこういう事をするんだったら、同姓同名の小池さん出さないですよ、僕もそもそも出ませんからね、僕自身が。ちゃんとしてくれるんだったですよ、経済対策を

ちゃんと経済対策するなら小池ゆりこさん出さないです
ちゃんと経済対策するなら小池ゆりこさん出さないです

「営業するな!」「仕事するな!」保証するんだった僕も出る必要ないですよ、別にそこはね。

公権力の行使による私権の制限には「補償」が必ずついてくるべき

上杉:政治学の原則で公権力の行使には必ず私権が制限されるわじゃないですか、そうすると何があるかというと、古今東西、全世界、ここに補償するわけですよ。これはしなくちゃいけないんですよ。

立花:当たり前の事

上杉:基本の基本ですよね。

立花:まさに当たり前!

上杉:これがやっていないって言う異様性、だからスペイン方式を立花さんが言っているわけですよね。要するに100%給付に近い形で、

立花:そこをやらなければ、小池さんをもう一人作って、小池さんをフルにした状態で僕は堀江さんがやっぱり可能性があるんじゃないかなと思っていますけど。まぁ、堀江さんが出るかどうかわからないですけどね。

上杉:これ面白いのが、堀江さん前回の知事選でわたくし、上杉隆のポスターの…なんでしたっけ?

立花:掲示責任者ね。

上杉:だったんですけど、応援演説はこいつなんですよ、ずっと。

立花:あー…こいつらね

小池さんと堀江さんは支持層が似ている

上杉:それは普通に良いよと、実はね支持層が似ているんです。小池さんとホリエモンって、滅茶苦茶、被っているんですよ。小池さんも堀江さんを呼んで「私を応援に来て」って、言ったんで、反自民、要するに組織ではなくて保守の中道保守から少し右側をがっぽりとっているのが小池さんと堀江さんなんで、この人にとってもホリエモンが出るといったら相当脅威だと思いますよ。

立花:驚異

上杉:ここはね、あんまり票が重なって無いんですよ、実は、

ここ(小池・山本)はあまり票が重なってない
ここ(小池・山本)はあまり票が重なってない

立花:まぁまぁここはね。

上杉:そういう感じでこれはちょっと、あと最後に電車ストップというのは、確かに非常に大胆な策ですけど

立花:電車は止めないと、

上杉:ただあれですよね、お医者さんとか警察とか

立花:もちろんタクシー

上杉:つまりエッセンシャルはもうキチンと

立花:タクシーで足りなければ、もちろん電車の運転手さんにも保証しますよ。当たり前すけどね。タクシーで足りなければ、マイカーで。だからその、普通の車自体もね、移動自体を制限すればいいわけでしょ?

その、食べ物を運んでるとか、お医者さん警察とか、そういうこと以外はね、車で走れないようにして、場合によっては罰則…。ロシアなんか罰則付けているわけだから、それくらいやらないといけないような気はしますね。

上杉:多分ね。石原都知事が今、知事だったら、これやっていると思うんですよ、これ石原さんやってます。それこそ増田さんとガチガチにぶつかったやつで、地方特別交付税っていうのがあって、これが1600億円、都税を逆上納しているんです。国に。

石原都知事だったら1600億円使って補償やっているはず!

石原都知事だったら1600億円やってます
石原都知事だったら1600億円やってます

普通国から地方に流すじゃないですか、東京都だけはあまりにもお金持ちなんで、1600億円国に上げているわけですよ、可哀そうだから、これが掛ける(×)4というのは、4年間あるんで1期が、これが6400万円だったかな、これを石原さんが「冗談じゃない」と、「東京では苦労して集めたお金を国にあげなくちゃいけないんだよ」と喧嘩していた。を、猪瀬さんになって舛添さんになって動かせなかったんですよ。二人とも凍結しようとしたんです。でも小池さんもこれ、やろうとしけど、できなかったんだけど、これ1発で言っただけで出来るんですよこれ

立花:まあ、もうちょっとね、政党が僕ね、財源とかっていう…。政党というか、普通にやるんじゃなくて、これはもう違います。こういう状況になって、この国の予算とかは、国が「仕事を止めてくれ」と「今は休んでください」なんて前提で作られていないから、そうする別にお金に変わるものっていくらでも発行できるんですよ。

別に東京都内で使えるお金というのも発行できるです。そんなのはね。元々が日本銀行券というのが現金であってね、僕はお金なんて言うのは人が作っている。もっと言えば、政治家が作っているわけですよ。簡単に言えばお国の方が。そんなモノの財源なんて、この際、気にする事無いと言っているんですよ

それがビル・ゲイツが行っている事なんですよ。だから、お金を作りすぎたら当然、お金の価値が下がるからインフレが起こるわけでしょ。だからインフレが起こることも踏まえて50万円ぐらい出さないといけない、インフレが起こって困るのは、今現在お金持っている人なんですよ。土地とかね、それが価格が下がるから、ということですか。あまりだから財源については気にすることはないという事です。

上杉:この韓国やレバノンのみたいにデフォルトは起んないですよね。

立花:そんなんだって、日本、大金持ちだから、

上杉:そうなんですね。

対外交易資産250兆円の日本はデフォルトしない?

立花:対外交易資産250兆円とか持ってるわけでね。外国にお金を貸しているわけですよ、トータルとしたらね。これは外務省のホームページにも書いているという事を、私は何度もいろんな人から聞いていて、これたぶん僕よりも詳しい人いっぱいると思いますから、日本政府がお金無いだけであって、政府と国民の次、政府の借金と国民の貯金、足したらプラスになっているんです。この国はね。作ったら全然…

上杉:そうですね。足りないんだったら、立花さんが言ったように日銀が刷ればいいんですよね、刷りまくればいいだけですから。

立花:そういう事です。

上杉:そういう訳ですから。

立花:ただいま現金でね、やり取りしないでしょ?もう、そもそも通帳に「いくら」って銀行が印字したらそれがお金なんですよ。もう感覚が、ただの数字に変わってきているので、全然それはお金を作り出す最後は当然ね、政府がお金を作りだしたら済む話なんで、とにかくお金の問題じゃないと。

そこだけはね、僕は細かい財源の事、うんぬんかんぬんじゃなくて、お金はなにせ、人間が作った物っであり、人間が作れるものです。人の命はそうではありませんから、交通事故で亡くなる方は年間4,000人いらっしゃります。これはもう日本の社会が認めているから車を止めない訳ですね

コロナに関しては今のところ100人ちょっとという死者しか発表されてないんですけども、ところがそんな状況でも仕事をやめろ、とめろと言っている人がね、それを言うんだったら、しっかりとお金を出しなさいよと、シンプル中のシンプルです

上杉:分かります。

立花:もし、お金が出せないんならば、仕事をとめろなん言うなちゅうことですよ。そんな無責任な事を政治家は言うなという事を言っているだけであります。という事で終わりましょうか

上杉:候補、頑張ってください。

立花:という事で、「こいけゆりこ」さん、お待ちしております。

こいけゆりこさん、お名前だけ貸してください。何もしなくてOK

漢字じゃなくても、全然かまわないので「こいけゆりこ」という名前が会えば、ぜひちょっとご連絡をいただければ、住民票と戸籍謄本をですね、お借りして、後はもう何もしなくて大丈夫ですから

何もしなくて大丈夫のポーズ
何もしなくて大丈夫のポーズ

上杉:日本全国からですよね。

立花:もちろんどこでも構いません。30歳以上の方ですよね。日本国籍をお持ちの方であれば協力いただけますのでぜひ、「こいけゆりこ」さん、名乗りでいただければですね、ありがたいと思っています。この国を変えていくためにね、ぜひご協力いただきたいと思います。

以上です。

政党代表ユーチューバーと

上杉:幹事長ユーチューバーが

二人:NHKをぶっ壊―す。

<<同姓同名【小池ゆりこ】さんを探しています。日本をコロナから救う(前編 また政見放送が見れる? )から読む

 上記はこの↓動画の内容を、立花孝志氏の許諾を得て文字起こし、掲載しています

同姓同名【小池ゆりこ】 さんを探しています。日本をコロナの被害から救いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました