大橋昌信がN国党の副党首に就任しました。

大橋議員が副党首に!党・政治とお金
スポンサーリンク

2020/4/15の立花孝志Youtube動画文字起こし

大橋昌信議員がNHKから国民を守る党の副党首に就任しました動画。その意図とは?最近になって丸山穂高議員や浜田聡議員などタレントが集まりますが、そもそもは大橋・伊東勇・遠藤信一の三羽ガラスで立花さんを支えていたと言います。その物語など

スポンサーリンク

大橋昌信議員がN国党の副党首に就任!

立花孝志:政党代表ユーチューバーがNHKをぶっ壊―す。

という事で、令和2年の4月の15日16時29分であります。大橋昌信議員、今、千葉県の柏市議会議員をしてくれているんですが、大橋昌信議員をですね、副党首に致します。さっき、1時間くらい前かな、電話して本人にも快諾をいただいております。

で、党首はわたくし、立花孝志ですね、体表権を持っている党首であります。副党首は、丸山穂高衆議院議員とですね、大橋昌信市議会議員が二人、副党首の座についていただきます。

丸山穂高副党首には、担当としてはもちろん党首の補佐という事があるんですけど、全国のいわゆる、衆議院、参議院越えてもについての、公認権というのがありますが、もちろん最終的に決めるのは僕なんですけどね。地方選挙のですね、公認権はこれから全部、大橋副党首にお任せをします

もちろん最終決定をするのは、あくまでも僕ですけども、大橋副党首がやろうとすることにして、僕は基本的に反対することはまずないと思います。っていうのは、大橋君といつも言ってますけども、大橋副党首とは最初に出会ったのが、まだ、党を作る前ですから2012年の11月と記憶していますが、2012年11月ってどんな時期だったかと、皆さんちょっと振り返ってみてください。

2012年12月に解散してですね、衆議院、解散総選挙が行われて、今の安倍政権が誕生している。つまり、安倍政権が誕生する1か月前に実は、私と大橋副党首は出会っております。したがってもう、かれこれ7年以上8年、足掛け8年の付き合いなんですけども、当時の野田佳彦さんという総理大臣。

大橋さんとの出会いは立花さんが野田総理(当時)を訴えた時

前総理大臣、皆さん忘れていると思いますけど、前総理大臣は野田佳彦さんですからね。前総理大臣の野田佳彦さんとですね、当時のNHK会長の松本さん(松本正之氏)とういうですね、JR東日本かJR東海の元社長がNHKの会長をしていまして、NHKの会長、松本さんが浦安市。

で、総理大臣だった、野田佳彦さんがですね、船橋市の薬円台というところにお住まいになっていて、それぞれNHKの会長と現職の総理大臣を訴えたら、裁判所が両方統括しているのが市川簡易裁判所だったんですね。その市川簡易裁判所で時の総理大臣とNHKの会長個人を訴える裁判を僕が提起した時に、大橋副党首が応援っていうかね、参加してくれた。

それが最初の出会いだと記憶しております。

まあね、それはもうね、今、去年の7月におかげさまでウチの党は公党にならせていただきあしたけども、まぁ、当時からの大橋副党首の党に対する、というか立花に対するですね、立花孝志に対する協力というのはですね。僕は、ほかにもいらっしゃいますから、ビッグスリーだと思っていて、大橋副党首そして、伊東勇くんですね、伊東君の当初からの援助、そして遠藤さん(遠藤信一氏)ですね、今、栃木県の宇都宮市議会議員の遠藤さんがですね。

この3人が、2012年、まだ党を立ち上げる前、立花孝志ひとり放送局を会社を設立する前から、YouTubeの本当に初期のファンの3人で、ですね。もう、苦しい時に一緒にやってきているんですね、だから、伊東君は今、公設第一秘書と、今月からね、公設第一秘書という形でやってくれてて、大橋副党首と、遠藤さんはですね、遠藤信一さんは、今…

立花応援団3人衆。大橋正信、伊東勇、遠藤信一

あ、代理か、伊東くんは代理ですね、ごめんなさい。どっちでも公設、公務員ですよ。国家公務員ですからね、今、伊東君はね公設第二秘書です遠藤信一さんは今、宇都宮の市議会議員という事で、ある意味、すごいことですよ

8年前に我々が、話をしていて当時は20何歳か、27歳の、看護師の女の子が未契約で訴えられたという裁判に来てもらったり、みんなで応援したり、そういうところからの仲間であってね。いわゆる昔の言い方で言ったら、譜代の家臣ですよ、外様と譜代、いわゆる昔から徳川家を支えてきた人と、関ヶ原の合戦以降、おきた外様ですよね、後から来た人、

もちろんですね、多くの人が党に来ては、離れていっています。全員が来て、残ってるわけではないです。ウチの党、応援してくれてて、今、ウチの党や僕の悪口を言っている人もいっぱいいるのは、これはもう皆さん当たり前です。

皆さんの人生、職場や友達の中でも、いっぱいね、離合集散というか、いわゆる近づいてきて仲いい時期もあったけど、別れる事もあるでしょうから、そんな中でね、まさに大橋副党首は、初期ですね、会社を作る前。もちろん、このNHKから国民を守る党作る前から来てくれてる人。僕の方針というのは全部YouTubeを見てくれているわけですよ。僕の事、だからそういうね、まさに昔からやってくれてる。

元々、副代表という肩書を去年の4月まではつけていたんですけど、ちょっと僕の懐の致すところで、内部が少し揉めて、1年間、役職がなかったんですけど、党もここまで成長して、今副党首が丸山穂高衆議院議員と、大橋昌信柏市議会議員で、幹事長が上杉隆幹事長で、浜田参議院議員(浜田聡氏)が政調会長になるのかな、ごめんなさいちょっと浜田議員の肩書を、党内での肩書を忘れましたけども、こういう形でですね、浜田参議院議員も来てくれたのは、2年前。

正確には3年前の街だの選挙の前くらいかな、2017年暮れくらいです。まだ、だから、浜田議員との交流も3年経っていないです。足掛け3年というところですね。牧原会社の牧原君も、応援に来てくれたのは、摂津の選挙終わってからなんですよ。

そういう意味では、どこから僕の協力をしてくれてるかって、意味ではいろんなところから、いろんな人が協力してくれて、今になっているんですが、少なくとも、伊東君と遠藤さんと大橋君に関しては、もう本当にずっと支えてくれている人間なので、やっぱり昔からやってくれている事もあるし、何よりも特にこの地方選挙ですよね。ウチの党の2番目の議員なんです。

船橋で私が当選したあと、朝霞市で当選したのが大橋君ですから、大橋副党首はまさに、ウチの党にとっては、なくてはならない存在で、色々とね、ネット、さっき電話でも話したんですけど、ここまで我々が有名になると、暇つぶしで敢えて、アンチの活動してくる人もいるでしょうし、いろんな人がいる中で、ですね、内向きに仕事をするのではなくて、外向きに仕事をしてほしいという事と、変な奴はネット上では無視するようにと、言ってあります。本人に

応援に来てほしく無い人には正当な理由があれば、本人に電話するなり連絡をして、ウチのの党の活動には参加しないようにと、いう事を言うと、ネット上ではあんまり。彼は公人ですけど、相手は殆ど私人ですから、あまり私人の悪口というか、私人の人に政治参加するなという事自体も、ある意味、人権の侵害にもつながりかねないので、そういう事は、本人も理解してくれていますので。

いずれにしても地方選挙、今公認している人を特段、何かをするつもりはありませんが、地方選挙の公認権は基本大橋副党首が決めると。よっぽど何かあった時には、僕はそれを反対しますけども、そうでなければ、大橋副党首が一番、ウチの党の、いわゆるどの地域だったら、どれくらいの…。

立花孝志流、地方選挙の松・竹・梅

松竹梅というのは選挙の手法であってね、そこのお金の使い方が「松」と「竹」と「梅」があるわけです。「」って何ですかって言ったら、お金を使うんですよ、新聞広告を売ったり、ポスティングを業者を使って2日くらいやったり、駅前でビラを配ったり、そういう事をバンバンやるのが「松」です。

」というのは、できればポスティングを少なめにして、駅前でビラを配っていく、これだけで、できるだけお金を安くして、最低限の活動をするというのが「竹」ですよね。

」というのは、もうポスター張るだけ、場合によっては、ポスターも貼らなくて良いんです。

その、初日の日にね、あくまでも、牧原会社、選挙で落選しているような人達、落選した人達や、ウチの党の協力していただける方に、お給料が払えるようにするために、作った会社ですから、牧原会社が儲かる事、そしてその地域で当選はしなくても。今まさに魚津市というところでね、富山県の魚津市、投票率が70%も超えるんですよ。

市民の70%が選挙に行くようなところでですね、NHKから国民を守る党、票が入るのかというと、僕は非常に心配してます。これ供託ライン行かないんじゃないかと、150票くらいとらないといけないのかな、そんな魚津市っていう、僕も聞いた事も、言ったこともない市で、さあ供託ライン越えるんでしょうかと。

170分の1ですか、17人定数なので170分の1の得票が、さあ取れるのかという様なところもあるんですけど、そうは言っても魚津市の方でNHKにお金を払っていない方は大勢いらっしゃると思いますから、そういうところに、新しい政党があるんですよ、NHKにお金を払わない方を応援しますよというね。これもう、明らかに違法行為ですから、NHKのお金を払わないとうのは公序良俗に反しています。これははっきり言えるんですよね。

我々は、それよりも法律よりも大事なものがあるでしょうと、道徳とか常識とか、本来NHKがやるべき仕事をしていないわけだから、「NHKを見ないから払わない」こんないたって簡単な、いたってシンプルな、子供でも分かるというか、むしろ子供の方がよくわかるわけですよ

選挙はオリンピックと同じ。参加して主張をすることに意義がある

そういう事をこれからも広めていきたいと思っているので。選挙はオリンピックと一緒です。勝つことが目的じゃなくても良いんですよ。参加することに意味がある。立候補することに意味がある選挙なんていっぱいありますからね

そういう事で、地方の選挙については大橋副党首がこれから、誰を公認するのかについてやってくれるということありますのですので、私と大橋副党首でちょっと連携取りながら、これからやっていきたいと思っております。

今日は予定では第3水曜日ですので、党の総会がある日なんですが、定例のこういったもの全部止めます。で、明後日の毎週やっている、党幹部会もですね、これはもう中止にします。特段ですね、今、電話で書く…。幹事長ともさっき電話をしましたけども、電話をしたりとか、必要な時にちょっと連絡を取るという事で、党の総会や、党の幹部で記者会見をですね、基本的には全部中止にします。僕、個人的には、何度も言うけどコロナが怖いなとは思ってはないですし、コロナにかかって死ぬんだったら仕方ないという意味です。

僕はね、これは仕方ない、神様が決めたことだから。人の生き死になんていうのは、そういうのはすべて神が決めていると思っていて、防ぎようがあるんだったら防ぎますよ、僕だって、無理ですよ。どうやったって、1つのウイルスが。1人に感染した者が、たった4ヶ月で世界中に広がっているんですよ。1いれば、感染するんですよ。これでもね、止めようがないです。マスクしたって、意味がないです。

マスクしたって漏れるんでしょ?こっから、ポロポロとだって鼻のこっからも、こっからも漏れるでしょ?この感染力はすごいですよ、逆にコロナってね。

医療崩壊を止めるために外出自粛するのは賛成

だから、今、外出自粛しているのは、病院がすでに医療崩壊していると聞いてますけども、できるだけ、感染する人の数を急激に増やさないことは、僕は確かに良いことだと思っているので、医療崩壊をできるだけ、起こっているけども、この崩壊をもっと崩壊しないようにするには、感染するのを先送りした方が良いと思いますけど

一方で。

医療崩壊の一方で、経済の方がどんどん乱れて来ていますので、それとの天秤になって来ると思うんですよね。人の命を何だと思っているんだという人がいると思いますけど、大勢いらっしゃいます。それある意味正論なんですよ

でもね、神が作った命で、神が作ったコロナですから人類は常にそういうもので、試されているというか、挑戦されているんですよ。コロナにかかって、死亡してしまう人は、神がそういう人であるという事を決めている以外無いんです。これは誰が悪いわけでもないんですよね。必要以上に怖がって、外出しないとなれば、これ、仕事が無くなれば、簡単に言えば。

動物で言えば、狩りをしなくなったら、仕事というのはライオンが獲物を捕るのとある意味一緒なわけですよ。狩りしなくなったら、餓死するわけですから、活動とめる事もやっぱり死を意味するわけですよね。だから、何かいい方法があるんだったら、そうしています。でも、これはすべての人が、これ僕が言ってるだけじゃないですよ。

お医者さんとか、結構ちゃんとしたお医者さんとかも、大勢の人が言ってます。でも今テレビを見ていたら、そういう真実を言う人は、もう絶対出演させてくれないようになっていますからね。ちょっと全然話が、大橋副代表からそれましたけども。戻せば、党の会合は、会合というか人が集まるものについては止めます。

でもウチの党が、こういう措置を取り出したのも先週の金曜日ぐらいですよ。もう、さすがに、今、マスクをせずに外に歩いているだけで、白い目で見られたりするのもあるし、変にここに逆らっても仕方ないと思っているので、むしろ気長にやったらいいじゃんと、ね。休める時は、皆で休んじゃう。休んだらいいじゃん。また働ける時が来たら、働いたらいいわ、ぐらいの感じで僕はやっています。ただもちろん、直ちに仕事欲しいとう方大勢いらっしゃると思います。その人達に言えるのは、少なくとも生活保護はあります。

で、僕はもちろん、次の東京都知事選挙の時に、一人50万とか100万配るべきだと思っております。お金なんて、人間が作るもので、いくらでもお金なんて作れます。人間が作ればいいねん、印刷したらいいだけですから。口座にお金を作ればいいわけですよ。政府や大阪府、東京都にいくらでも担保がありますよね、お金借りたら良いんでしょ?お金は人間が作るものです。命は人間が作るものではないんです。

お金は刷れる、命は作れない。政府は十分な補償金を出すべき

人間には作れないものですから、命を守るためにお金を使う事は、僕は大賛成なので、今の政府はしっかりと補償金、10万円と言ってますけど、遅すぎますよ。遅いというか、今10万円は遅い、今だったら50万とか100万にしないといけない時期ですよ。でもそれをすると、お金持ちは今、自分がお金持っている、貨幣価値が下がるわけですよ。

そりゃそうですよね、例えば1万円しか市場に出回ってなければ、この1万円は1万円分の買い物は出来ますけど、新たな1万円ができたら、今1万円持っている人は市場に2万円が出回ったら、今の1万円の価値は半分に減るわけでしょ。

家賃とか、インフレが起こるわけですよ。お金を刷ったら、ジンバブエドルみたいな、ジンバブエドエだったかな?ジンバブエみたいな金を刷ったらね、もう、1億…、1兆ジンバドルが10円ぐらいの価値しかないとかなるですよ、お金をバンバン刷たら。

でも、今の日本でそんな事ありえないので、お金を作れば、今お金を持っている人達がすごい損をするんです。インフレですよね、家賃10万円で貸していて、今の10万円がインフレって言って物を買う時のか買うが上がってしまうと、10万円の家賃の価値が5万円とかになってしまうわけですよ。今の価値で言ったらね。この国のお金持ちが、今、貧乏人にお金を配るの嫌がっているわけですよ。政治家を使てね。

そういう意味では選挙は大事ですので、言ってること矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、とにかく今は医療崩壊をやっぱり先延ばしにした方がいいとうのは、僕も賛成なので、その為には皆さんに安心してお休みしていただくことっていうのは大事ですから、皆さんに、個人に直接、国がお金を、現金を、50万とか100万とか給付するべきだと。

立花さんの去年の収入、1354万円!?

で、たくさんお金貰っている人には、来年の確定申告。今まさに、僕、確定申告でね、お金払います。明日か、ちょうど良いのが出てきた。これですよ、私の税金ってこんなんですよ。211万とんで345円、全体の…、全部が1354万円です。僕の去年の収入、給料

立花さんの給料1354万円
立花さんの給料1354万円

で、211万払います。足りないのが656600円なので足りないものも、明日が納付期限なので払いますけども。要は、僕が今100万円貰っても、来年100万円ちゃんと納税しますよ、お金持ちなんだから。1千万円貰っているんだから、もっと貰うと思いますけども来年は特にね、今年か

でも1千万円の人は全部返さなくても、例えば半分50万円返すとか、100万貰ったらですよ。でも、500万の人は100万のうち、20万円は返しますとか、そうやって、先にお金を渡して来年税金で取ればいいだけの事でしょ。今、政府がお金をくれると思ったら、国民、物凄く安心してゆっくり休めるわけでしょ

ってことで、これからも大橋副党首をよろしく!

それはね、いろんな意味でこの国で働いてきた人たち。もうね、いろんな意味で疲れているんだから、そういう意味では、国が国民に有給休暇を出しても良いんじゃないのと、とは思っていますけどね。それと、コロナは全員感染すると、感染して終わるという考え方は、変わりないですよ。

それは全然、変わってないですけどね。不幸ながら残念ながらコロナに感染して死亡する人、僕も含めて死ぬ可能性があることは間違いないです。でもそれは、恨むのは、神様を恨むべきであってね。そういうコロナに対抗できない体に生まれてきた人は、私はもう…、もちろん適切な医療を受けて、それでもダメな方は仕方がないと、思います。

悲しい、まあそれが生き物ですからね。

人間も生き物の一種であってね、ブタとかトリとかグルメとか言ってね、美味しく料理して食べてる事を、そんな事をしているから、家畜ど…、「家畜ども」じゃないな。「家畜たちの逆襲」だと、考えても良いと思いますけどね、こういうウイルスは。もう思いっきり話がコロナとぐしゃぐしゃになりましたが、とにかく大橋副党首、正確に言うともう、今日付けで良いです。

今日付けで就任を致しましたので、この後、地方の議員の方、大橋君が一歩ポーンと、党としては、役職としては出ておりますので、いろんな相談も大橋副党首にして頂ければと思います。という事で終わります。

政党代表ユーチューバーがNHKをぶっ壊―す‼

 上記はこの↓動画の内容を、立花孝志氏の許諾を得て文字起こし、掲載しています

大橋昌信がN国党の副党首に就任しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました